プジョー 3008 左ドア交換修理 リサイクルパーツにて

今回はプジョー3008 のドア交換修理です。

01

ご覧の様な写真がお客様より届きました。
ディーラーさんで見積をしたら100万円越えだと‼
中古車でも現在は100万円を切っているのにと・・・

ディーラーさんの第一声は『今なら無料で引き取りますよ!』と。。。
お客様の第一声は『ふざけるな~!』だったとか(笑)
(笑うところでは無いのですが、あまりにもツレナイ対応だったそうです。)

早速、こちらで見積をとると・・・
流石は外車! 見積金額は値引きをしても80万円前後に!

お客様も『やっぱり外車の修理は高いのね・・・』と肩を落とされたとか・・・

そして、今回もリサイクルパーツを検索することに。
ようやく見つかった左リアドア。
価格ASSY(付属品付)で30,000円也。 新品はパネル(不足品無し)で80,000円ですから半値で購入♪

02

早速、到着のドアを仮組して状態をチェック。

03

 

ドア下のステップ(サイドシル)も凹み、左リアフェンダー(クォーターパネル)も凹んでます。


 

04

 

アップにすると良く分かりますね~!


 

05

スタッド溶接機なる専用ツールにて凹んだパネルの修正に入ります。
現在の鈑金作業は便利な機械が開発され、外からの作業が可能となりました!
鈑金というと・・・
当て板とハンマーでコンコンと!がイメージされますが、技術の進歩は目覚しく、ほぼどこでも直せるようになりました。
当然、当て板とハンマーで直す職人技も健在です!

06

 

同様にリアフェンダーも鈑金修理です。


 

07

パネルの鈑金後、パテを塗布して整形。
この作業が実は職人技! 鈑金より難しい作業かもしれません!
フロントドアも少し凹んでいたので、今回はサービスで修理。

こういうところは街の修理屋さんの利点。ちょっとした心使いですね♪


 

08

パテの整形(サンディング作業)が終了したら、サフェーサーと言う塗料を塗装して下地作業の完了。

そして、塗装作業に入ります。


 

09

同様にリサイクルパネルも塗装です。
今回のパネルは極上品で凹みは一切なし! だから少し高かったかな(笑)

※塗装作業は割愛で(またの機会に塗装風景はご紹介です!)


 

10

塗装作業完了後、組み付けを行い終了です♪
綺麗になりました。

今回の修理料金ですが、

1.ドアリサイクル品 30,000円
2.ステップ(ロッカーパネル)修理
3.リアフェンダーパネル(クォーターパネル)修理
4.ステップモール新品交換
5.ドアモール新品交換

部品代は62,000円 修理工賃は340,000円(塗装料金含む)で、おおよそ400,000で完了♪
ディーラーさんの見積の半値以下で直すことが出来ました。

ドアがASSYで見つかり、付属品の部品代が浮いたことも起因ですね♪

外車のオーナー様は一度ここへご相談してみては如何でしょうか?

 

リサイクルパーツ探すなら!

BP GLOBAL

カテゴリ一覧へ戻る

人気RankingMORE

まだデータがありません。